5月病を発症しない簡単な方法は、規則正しい生活をすることです。

新入生や新入社員が掛かりやすい5月病ですが、皆さんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。アニメサザエさんが終わると、学校や会社に行きたくないと思うことはよくありますよね。5月病の症状は精神状態が不安定になり、倦怠感や虚脱感を発症します。

また、睡眠不足・食欲不振などの症状が悪化するとうつ病の状態まで陥ることがあります。

5月病は、特に新入生や新入社員に多く見受けられます。彼らは4月から始まる新しい環境に慣れようと必死になり、毎日が緊張の連続です。5月に入ると少し慣れてくるのと同時に、ゴールデンウィークで緊張から解放されると生活習慣が乱れることで、ストレスや疲れが一気に表面化してしまいます。

五月病が悪化するとうつ病に発展します。真面目、几帳面、おとなしい性格、完璧主義、責任感が強い、感情を表に出すのが苦手な方が要注意です。

では、5月病にならないようにするにはどうすればよいのでしょうか。まずは人間の基本である生活のリズムを整えることです。4月は環境の変化への対応に一生懸命なため、自らの生活リズムが乱れがちになってしまいます。中でも熟睡することが大切です。

レム睡眠は90分周期であることから、その倍数で睡眠時間をとると目覚めもよくなります。例えば、6時30分に起床するのであれば23時に就寝するのが理想ですね。

4月は環境の変化が多い時期です。また気温の変化も大きく体調の崩しやすい季節でもあります。5月病にならないためには、リフレッシュすることが何よりも大切になってきます。4月のうちから自分なりの気分転換の方法を身につけ、しっかりとした睡眠、食事をすることが5月病にならない一番の対策です。https://www.kvmc.co/

5月病を発症しない簡単な方法は、規則正しい生活をすることです。