ミスは起こるものとして、どう対処していくか

仕事にしても、プライベートにしても、どんなに便利な道具があっても、ミスというのはなくならないのではないかと思います。

というのも、そこには人間というとても不確実な物が介在するからにほかなりません。

人間の記憶の曖昧さは、多分多くの人が実感していることでしょう。

「ついうっかり」とか、他のことに気を取られて別の事を忘れていたりするなんてことは、日常茶飯だったりします。

それに、スポーツなどをするときにはよくわかりますが、同じように動くということは容易いものではありません。

こうしたこと以外にも、感情や気分だったり、多くのものが人の行動や動作に作用しているというのは紛れもないことだと思っています。

でも、だからといってミスが許されるというわけでもなく、ミスというのは、いかに早く気が付くかというのが大切なのではないでしょうか。

ミスを防ぐのではなく、ミスがあるものと思い、それを見逃さないようにするという考え方もできるような気がします。お金借りる即日

ミスは起こるものとして、どう対処していくか