えごま油を積極的に取り入れることで、脳の神経細胞を活発にします。

年齢を重ねてくると、物忘れを感じることはありませんか?

例えば、好きなドラマの俳優さんの名前が直ぐに出てこなかったり、今何かをしようと思っていたことを忘れたりなど、いろんなシーンにおいて情けない思いをしたことも多いのではないでしょうか。

また、現代の高齢化社会においては、認知症が社会問題にまで発展しています。

そこで物忘れや認知症の進行を遅らせる効果が期待できるえごま油を紹介します。

えごまとは食用で栽培されるしそ科の植物で、その実から抽出される油のことです。

えごま油に含まれるαリノレン酸が認知症に効果的と期待されています。

このαリノレン酸を体内に取り入れると、脳に良い栄養素EPAやDHAなどに変化し、弱っていた脳の神経細胞を活発にして、細胞の死滅を防ぎます。

EPAやDHAが多く含まれる青魚を食べれば、この栄養素を摂取することはできます。しかし、この栄養素の摂取量は2gが推奨されています。この量を青魚で摂取しようとすると毎日、半身の量が必要となりますが、えごま油だと大さじ1杯でこの量を摂取することが可能です。

えごま油はそのまま口にしても良いですが、野菜サラダや豆腐などに掛けて食べると摂取しやすくなります。老化による物忘れや認知症の恐れは誰にでも起こりうる症状です。

少しでも症状を遅らせるためにも、えごま油を取り入れた食生活を心掛けましょう。脱毛ラボ 顔脱毛 効果

えごま油を積極的に取り入れることで、脳の神経細胞を活発にします。